【お知らせ】 2021年度上期の新規カウンセリングお申し込みは終了致しました。

毒親から逃げた。一人暮らしを始めた時の話【心は辛いままでした】

toxic-parents-live-alone

こんにちは、しんです。

毒親育ちだけど親と離れて暮らしたい。一人暮らしをしたら気持ちが楽になるのかな?毒親の元を離れる勇気が欲しいです。

この記事ではこんな疑問を解決します。

 本記事の内容
  • 「友だちがいない」3つのパターン
  • 友だちが少ないのはあなたのせいではない
  • 信頼できる友だちを「1人」もつ重要性
  • この記事は「過干渉&日常的に暴力を振るう父親」と「子供に無関心な義理の母親」の機能不全家族で育った僕が、自身の経験を元に解説していきます。現在は対決済み&克服済みです。

    この記事は僕が24歳の時、毒親から逃げるようしてに一人暮らしを始めた時の話です。

    当時の僕は既に毒親という言葉も知っていて、自分の親が毒親である事にも気がついていました。

    家を出る前は「親元を離れて自立すれば親との関係も改善される」「今よりも前向きに生きていけるようになるはず」こんな事ばかり考えていたと思います。

    今回はそんな僕が実際に家を出たあと何を考え、どう感じたか。毒親育ちが一人暮らしを始めるメリットやデメリットについて解説します。

    どちらかというと10代後半から30代の若い人向けの話になるかと思います。

    毒親育ちは家を出るべき【結論】


    まず、今毒親の親元にいて、一人暮らしをするか悩んでいる方向けへのアドバイスです。

    結論を言えば、毒親育ちは一人暮らしを始めるべきだと思います。

    ただしそれには安定した収入がある事が前提になると思います。

    また、僕の場合「一人暮らしを始める=毒親から全て解放される」とはなりませんでした。

    後ほど詳しくお話ししますが、毒親の呪縛は一人暮らしを始めるだけでは全く抜けません。

    毒親から離れて一人暮らしするメリット3つ


    ここからは実際に、僕が毒親から離れ一人暮らしをし始めた時に感じたメリットとデメリットについて解説します。

    まずメリットは以下の通りです。

    • 自分の時間を大切にできる
    • 親との関係を客観的に考える時間が生まれる
    • 親の意思と無関係の行動が取れる

    順に解説していきますね。

    メリット①:誰にも邪魔されない一人の時間を持てる

    僕が一人暮らしをする前、実家での振る舞いは

    「親の機嫌をいかに損ねないか」

    ただこれだけに集中していました。

    僕の家は「ここは軍隊か?」と見間違わんばかりの家で、家の中は常に緊張感で満たされており、何か親の意思にそぐわない事があれば怒声や暴力が飛ぶ、そんな感じの家でした。

    心が休まる時が全くない状態で育ったので、一人暮らしを始め一人部屋に寝転んだ時、これまで感じたことのない「開放感」を感じたのは今もはっきり覚えています。

    親に邪魔されない時間と場所が得られる事はこの上ない大きないメリットですね。

    メリット②:親との関係を客観的に考える時間が生まれる

    毒親のもとで暮らしていると

    • 望まないことでも親の意思に従う
    • 自分の意思表示ができない・許されない

    こうした事が日常だと思います。

    なぜこうなっていたのかを思い返してみると、親が衣食住の中の「食」と「住」を握っていたからだと思いました。

    つまりご飯と住む家ですね。

    親に何か言いたいことがあったとしても(内心はありすぎるくらいだと思いますが)

    「誰が食わせてやってると思っているんだ」

    「嫌なら出ていけ」

    など、生殺与奪を武器にされてしまえば子供はなにも言い換えません。

    小学生の頃毎日の様に言われてましたが、これタチが悪すぎです…

    つまり、僕がなにを言いたいのかというと

    毒親と一緒に暮らしている限り「親との関係性」がイーブンにするのが難しい

    ということです。

    一人暮らしを始めることで、これまでの親との関係や、自分の育った環境がいかに異質だったのかを知ることができます。

    また、「自分の親が毒親だと気がついたのは一人暮らしを始めてから」という話もよく聞きますね。

    これは毒親克服の為にも大変重要だと思います。

    メリット③:親の意思と無関係の行動をとることができる

    親の下で暮らしている間は、基本的に自分がどう思うかではなく

    • 親がどう思うか
    • 親の喜ぶ行動はなにか

    を前提に行動していました。

    毒親育ちの方の多くが似たような状況だったのではないでしょうか。

    普段の生活にしろ進学にしろ就職にしろ、生き方全般を小さい頃から親に決められて育った毒親育ちからすると

    「自分の意思で決めた行動が取れる」

    これは街がなく大きなメリットだと思います。

    親のペースではなく全て自分のペースで動く事ができるので、いつも何かに追われていた様な気持ちが少し収まりましたね。

    ただこの「行動を全て自分で決める事ができる」という事が僕にとってはデメリットでもあり、長い間、随分と悩まされました。

    一人暮らしのデメリット


    一人暮らしを初めてから感じたデメリットは下の通りです。デメリットというよりも気付きに近いかも知れません。

    • 毒親から離れる事で人生が全て良くなると思っていた
    • 親と離れて暮らせば時間が解決してくれると思っていた

    順に解説します。

    毒親から離れる事で人生が全てうまくいくと考えていた

    冒頭でもお伝えした通り、一人暮らしを始める前の僕は

    「今自分が生き辛いのは親のせい」

    「親から離れられれば幸せに暮らせるはず」

    と考えていました。

    親の干渉が無くなればこれまでできなかった事ができるようになると考えるのは当然ですよね。

    ただ結果から言えば、いざその状況になった時、僕は何も出来ませんでした。

    • 自己肯定感が無い
    • 何事に対しても期待や自身が持てない
    • 常につきまとう抑うつ感

    一言で言えば僕は「自分の人生に対して積極性や希望を何も持っていない」ということに、一人暮らしを始めて初めて気がつきました。

    これは僕だけが抱えている問題ではなく、毒親育ちでAC(アダルトチルドレン)の方の多くが似た特性を持っていると思います。

    親や自分のことを客観的に判断する時間ができてしまったがゆえに、これまでの自分の人生を振り返って悲観的な気持ちになりました

    そんな訳で僕は一人暮らしを始め少しした後に、うつ病やアルコール依存を再発しました。

    親と離れて暮らせば時間が解決してくれると思っていた

    僕は家をでて一人暮らしをはじめたとき

    「これまで親と上手くいってなかったのは距離感のせい」

    「時間が経てばいつかは他の家族みたいに仲良くなれる」

    と考えていました。

    結論を言えばこの考え方は大間違いでした。

    「毒親」はいつまでも「毒親」で時が経っても解決してくれるものではありませんでした。

    これは毒親育ちの多くの方が言ってることなのですが、当時の僕はまだこの事実をしっかりと認識できていませんでした。

    一人暮らしをはじめてしばらく経ってから実家に帰ったときのこと

    実家に帰ったある日の出来事です。

    最初は親も僕の帰宅をただ喜んでくれている様に見えました。

    「なんだ、やっぱり離れてみれば良くなるじゃないか」

    と考えていたのもつかの間、会話が進むにつれて「あれはだめだ」「今度からこうしろ」「それじゃ社会で通用しない」など以前となにも変わらない過干渉が復活しました。

    この瞬間、「ああ、この人は多分ずっとこうなんだろうな」と諦めや悲しみにも近い思いを感じました。

    この経験から、僕は「親がいつか変わってくれる」と希望は持つべきではないと思っています。

    それでも一人暮らしのメリットは大きい【安定収入が必須】


    ここまでメリットとデメリットを挙げましたが、それでも僕は一人暮らしをするべきだと思います。

    一人暮らしは毒親を克服する為のスタートラインになります。

    ただし冒頭にも書いた通り、毒親育ちの一人暮らしは安定した収入がないとかなり厳しいと思います。

    毒親育ちは心を病みやすい

    僕自身もそうですが、毒親育ちは普通の人に比べて圧倒的に精神を病みやすいと思います。

    仮にうつ病になって長期間働けなくなった場合、働けなくなるという事は「家を失う」とほぼ同じ意味です。

    体調を崩し家がなくなった時に友人や恋人を頼る事ができれば良いのですが、それが出来なかった場合は必然的に親の元に帰る事になるかと思います。

    こうなってしまうと毒親は子供の体調を心配するよりも先に

    「やっぱり私(親)が管理しないと駄目ね」

    と考えるかと思います。

    せっかく一度は家を出たのにもう一度戻らないといけないのは、精神的にもかなりしんどいです。

    なので家をでて一人暮らしをする時は

    安定した収入+多少の貯金を用意する

    というのが僕の考えです。

    更に詳しい、親からの逃げ方については下に詳しくまとめています。

    毒親からの家出を考えているあなたへ【準備が大切】

    まとめ

    最後にこの記事のまとめです。

    この記事のポイント!
    • 一人暮らしは毒親克服の為のスタートライン
    • ただしメリットだけじゃ無くデメリットもある
    • 無理な一人暮らしは悪い方向へ進む可能性がある

    あくまで僕の経験をベースにしているので中には否定的な意見もあるかと思います。

    特にお金の面に関しては、「お金がなくても一人暮らしをすべき」という人もいますしね。

    一人の毒親育ちの意見として「一人暮らししようか悩んでいる」「親の下を離れる勇気が出ない」という方の参考になれば嬉しいです。

    今回は以上となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。