【お知らせ】 2021年度上期の新規カウンセリングお申し込みは終了致しました。

恋愛依存症の男が「恋愛依存」を治すには?

恋愛依存症_男_治し方

付き合うといつも彼女に依存してしまいフラれる。自分の恋愛依存症を治して、もっと落ち着いた恋愛がしたい。


この記事ではこんな疑問を解決します。

この記事は過去に恋愛依存症・回避依存症の経験をもつ僕が自身の経験を交えて解説します。 現在は心理カウンセラーとして活動しており、多くの方の恋愛の悩みを解決しいます。
 本記事の内容

・男の恋愛依存症の治し方
・自分の恋愛パターンと心理を知る
・彼氏が恋愛依存症で悩んでいる方へ

先日、こんなツイートをしました。

今回は、最近ご相談の多い「恋愛依存症の男性」について解説していきます。

しん
しん

僕自信、若い頃はかなり恋愛依存症をこじらせていましたが、今は克服できています。


恋愛依存症の男が「恋愛依存」を克服するには?


まず結論からお話します。

恋愛依存症の男性が恋愛依存を治すには

自分軸で生きられる人になること

これがほぼ全てです。

彼女の言動に一喜一憂したり、自分の自己肯定感の低さを彼女で隠そうとしたりせず、自分に自信を持って生きられる人になることが大切です。

自分軸で生きられる人になるための、具体的な方法は3つあります。

①:恋愛依存症の女性と付き合わないこと
②:自信を持てるように努力をすること
③:彼女のことを考える時間を減らすこと

順に解説していきます。

①:恋愛依存症の女性と付き合わないこと


まず初めに、恋愛依存症を克服したいと考えているのであれば、恋愛依存症の女性とは付き合うのはNGです。

恋愛依存症の男性が自分と似た女性(共依存タイプ)を恋人に選ぶのは、そうすることで

手軽にお互いを認めあえる関係を作れるから

です。

共依存タイプの女性と付き合うことで、自分が「求められている」感覚を手軽に味わえるのは、僕も経験としてよく分かります。

ですが、その関係はどちらかが飽きればすぐに破綻するもろい関係です。

つまり「好きだから付き合っている」のではなく「自分に依存してくれているから好き」という関係ですね。

共依存の恋人がいくらあなたのことを求めてくれたとしても、それは一時的なもので、根本的な解決にはなっていません。

大切なのは自分の弱さを認めることです。

「自分は辛いことがあるとすぐに恋人に頼ってしまう」
「不安になると認めてもらいたくなる」
「寂しさに耐えられない」

まずは、自分の中にあるこうした弱さをありのまま受け止めましょう。

自分の弱さを認められるようになって初めて

「依存する以外に自分にはなにができるだろう?」

と、前向きな行動を考えられるようになります。

②:自分に自信が持てるように努力すること


恋愛依存の女性と付き合うのを止めても、根本的な寂しさや不安は変わりません。

なぜなら「自己肯定感」の低さは前となにも変わっていないからです。

自己肯定感を身につけるもっとも簡単な方法は「成功体験」をつむことです。

成功体験なんて言われても自分には無理だよ…

と思うかもしれませんが、成功体験は大きなものでなくても構いません。

ポイントは

「大きな目標」ではなく「小さな目標」を立てること

です。

大きな目標を立てて失敗してしまうと余計に自己肯定感が低くなるので注意しましょう。

目標の対象は本当になんでも構いません。

・勉強
・仕事
・筋トレ(容姿磨き)

ぱっと思いつくものを書きましたが、ここはあなたが「頑張れるかも?」と思うものを選んで下さい。

目標の達成においては

自分で決めたことを、自分の意志で成し遂げた

ということがなによりも重要です。

目標がどんなに小さかったとしても、その成功体験は自己肯定感に繋がります。

③:彼女のことを考える時間を減らすこと


恋愛依存の男性は彼女に対しあれこれと考えすぎています。

「彼女の態度が冷たい気がする」
「他の男と浮気しているんじゃ」
「自分の言動に問題があったのか?」

などなどですね。

本当はなにも問題がないのに、こうした「根拠のない不安」を彼女にぶつけることで関係が悪化した方を僕はこれまで大勢見てきました。

これを解決する方法はただ一つです。

彼女のことを考える暇もないくらい、忙しくする

シンプルですがこれに尽きます。

悩んでしまうのは悩む時間があるからで、悩む時間を減らせばそれだけあなたの苦しみも減ります。

②でお話ししたように自分の時間に使っても構いませんし、寝る直前まで友達と遊ぶのもオススメです。

なんせ、一人で思い悩む時間を減らしましょう。

「恋人と少し距離を開けすぎかも?」と感じる距離感の方がお互いに負担が少なく、結果として良い恋愛に繋がります。

恋愛依存症の男はどんな恋愛をする?


次に恋愛依存症の男性の恋愛の特徴について解説していきます。

特徴をすべてあげるとキリがないので、ここでは3つ解説します。

①:彼女に尽くしすぎてしまう
②:自分の考えに固執する
③:彼女を束縛する 

この3つの特徴全てに共通しているのが、さきほども取り上げた「自信」「自己肯定感」の低さです。

①:彼女に尽くし過ぎてしまう


自分に自信がない恋愛依存症の男性は「彼女に尽くしすぎる」傾向があります。

「彼女に見捨てられてしまうかも」
「すぐに飽きられてしまうかも」

という不安が常にあるので、彼女の理想の恋人になろうと努力します。

ですが

「恋人の理想」=「本来の自分」

ではありません。

無理をして付き合っているので、恋人への不満はどうしても溜まります。

自分は頑張っているのに彼女は愛情を返してくれない

と一方的な不満ばかりが溜まり、いずれその不満が爆発することで関係が破綻します。

②:自分の考えに固執する


恋愛依存症の男性は自分の考えに固執します。

分かりやすくいいかえると

思い込みが激しい

ということですね。

例えば「自分は彼女に嫌われている!」と一度感じてしまうと、それを彼女がいくら否定しても考えを変えられません。

「自分は傷ついている」
「機嫌が直るように努力するべき」

こうした子供のような態度を取ることで彼女の関心をゲットしようとしますが、こうした行動が彼女の負担になっていることに本人は気が付いていません。

③:彼女を束縛する


恋愛依存症の男性は自分に自信がないので、彼女が離れていかないように「束縛」します。

彼女から少し返信がないだけで「浮気をしているのでは?」と疑心暗鬼になってしまうため

「遊びに行くときは誰と遊ぶか伝えること」
「1時間に1回は連絡をいれること」

など、彼女の行動を一方的にコントロールしようとします。

彼女からすれば負担以外のなにものでもなく、愛想を尽かされる原因になります。

男の恋愛依存症の原因って?


恋愛依存症の原因はあなたの恋愛依存症が一時的か、そうではないかによって変わってきます。

パターン①:いつも恋人に依存してしまう人
パターン②:付き合う恋人によって恋愛依存になってしまう人

この2つのパターンから、恋愛依存症の男性の原因を解説していきます。

パターン①:いつも恋人に依存してしまう人


恋人にいつも依存してしまうあなたは、親に「愛された」と感じた経験があまりないのではないでしょうか?

親からの愛情不足はもっとも多い恋愛依存の原因です。

自分のニーズを無視され、成功体験を積めずに育った人は、恋愛依存になる可能性が高いと言われています。

繰り返しになりますが、成功体験がないと「自己肯定感」も育まれません。

自分で自分のことを認められないので、恋人に認めてもらうことで自分の弱さやトラウマを隠そうとします。

ですが恋人に認められたとしても、根本的な弱さやトラウマが癒やされているわけではありません。

①:不安になる
②:恋人からの承認
③:一時的に癒やされる
④:効果が切れる(①に戻る)

根本的な弱さやトラウマを克服しない限り、あなたはこのループから離れることができないのです。

パターン②:付き合う恋人によって恋愛依存になってしまう人


これまでそんなことなかったのに、今回始めて恋愛依存のようになってしまった…という方は彼女が「回避依存症」の可能性があります。

回避依存症の女性は

・束縛や干渉されるのを嫌がる
・自分の話をしたがらない
・急に距離をおく

こうした特徴を持っているのでどうしても「追う恋愛」になりやすすいのです。

また、回避依存症は

追えば追うほど離れていく

ので、仲を深めようとすればするほど恋愛依存から抜け出せなくなります。

回避依存症の女性についてもっと詳しく知りたい方は下の記事からどうぞ。

>>関連記事:回避依存症の女性の特徴とは。男性とは違うポイントを解説します!


ですが、この場合、付き合う相手が変われば恋愛依存も収まるので、それほど大きな問題にはなりません。

恋愛依存症のまま歳を取るとどうなるか…


大手の恋愛メディアでは語られていない「恋愛依存症のまま歳をとるとどうなるか?」について解説します。

記事のはじめに

恋愛依存の男性は恋愛依存の女性を恋人に選ぶ

とお話しましたね。

ですが、恋愛依存の女性はあなたが歳を重ねるほど回りから減っていきます。

歳を重ねてメンタルが安定した結果、普通の恋人・配偶者を見つけるという方は実はかなり多いです。

すると必然的に残るのは「恋愛依存症の中の恋愛依存症」つまりトップクラスにメンタルが不安定な人たちです。

恋愛依存症を克服せずに歳を重ねてしまう一番大きな問題は

「恋人」を求めるのではなく、「依存」としての役割をいつまでも求めてしまう

ということにあります。

夫婦のようにお互いに支え合ったり高め合う関係ではなく、あくまで

「自分が満たされるため」

の関係を求めてしまうということですね。

そのため、どれだけ長く付き合ったとしても二人の関係性は一向に変わらず、ズルズルと時間と歳だけが経過していきます。

恋愛依存症の男性と付き合っているあなたへ

ここからは、現在、恋愛依存症の男性と付き合っている女性に向けてお話します。

先に結論をいうと「できることなら別れたほうが良い」というのが僕の結論です。

とはいえ、そう簡単に離れられないという方も多いですよね。

・恋人が共依存タイプ
・恋人が回避依存タイプ

ここではこの2つの可能性から解決策をお話したいと思います。

恋人が共依存タイプの場合


まず、恋人が共依存タイプの場合です。

この場合

本人が恋愛依存を自覚して克服しようとしない限り治らない

ので、やはり別れることをオススメします。

ですが、あなたにも共依存の傾向がある場合、この恋人から離れてもまた別の共依存タイプを恋人に選んでしまう可能性が高いでしょう。

そうならないために、あなたにできることは下の2つです。

・あなた自信が恋愛依存症を克服する(努力する)
・その上でメンタルが安定した人と付き合ってみる

しん
しん

カウンセリングの経験上、この2ステップを踏む方法が恋愛依存症の克服として、もっとも効果的でした。


恋愛依存症を克服しよう!」と決心して行動することが、あなたに自信を生んでくれるようになり、結果として恋愛面以外でも人生が良い方向に向いていきます。

関連記事:恋愛依存症を克服するには?(現在執筆中です!)

恋人が回避依存タイプ


恋人が回避依存タイプの場合、共依存タイプよりも「難しい状況」になります。

回避依存タイプの恋人に対して、あなたがやるべきことは下の2つになります。

・あなた自信が恋愛依存症を克服する
・回避依存について知る

僕が「難しい状況」と言ったのは、恋人が回避依存の場合

二人の関係が良くなるかどうかは「恋人次第」

になるためです。

あなたが恋愛依存症を克服して、回避依存症の恋人との適切な付き合い方を覚えたとしても、恋人の回避依存はすぐには収まりません。

しん
しん

それこそ「関係が安定した」と言い切れるようになるまでには、数年かかるかもしれませんね。


ただし、別れるという決断を取るにしても、回避依存症について知らないことには依存から抜け出せないもの事実です。

回避依存症について書いた記事をひとまとめにしたので、よければ参考にしてください。

>>関連記事:【保存版】回避依存症の特徴・タイプ・行動・心理・付き合い方を解説【まとめ】

まとめ

最後に今回の記事の内容のまとめです。

この記事のポイント!
  • 恋愛依存の男は「自分軸」で生きられるようにする
  • 恋愛依存症のまま歳を重ねるのは危険
  • 恋愛依存の男との恋愛はあまりオススメできない
  • 今回は恋愛依存症の男性向けに、恋愛依存の克服方法や考え方について解説しました。

    この記事を読んで「なんだか責められているような気分になった」という方もいるかもしれませんね。

    ですが、あなたを傷つける意図は全くありません。

    しん
    しん

    僕自身も若い頃は恋愛依存症で恋人との関係に苦しんできたので、恋愛依存であることの辛さや苦しみはよく分かります。

    今すぐには難しくても、この記事を読んだあなたが徐々にでも「恋愛依存を克服しよう!」と思ってくれると嬉しいです。

    今回は以上となります。

    >>関連記事:恋愛依存症を克服する方法とは?【本質へのアプローチが大切】

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。