「回避依存症」がよく分かるオススメの本5選

avoidant-book

こんにはち、しんです。

困った女性
困った女性

「回避依存症について知りたいけど方法が分からない」
「回避依存症について書かれたおすすめの本が知りたい」
「回避依存症の恋人の役に立ちたい」

この記事ではこんな疑問を解決します。

回避依存症の恋人で悩む方で「回避依存症についてもっと知りたい」考える方は多いのではないでしょうか。その場合、ネットの記事よりもまずは回避依存症について書かれた本を読むのがオススメです。


僕が回避依存症の相談を受けている中で

「ネット上に情報がありすぎて、どの情報が正確なのか分からない・・・」

という意見を相談者様から頻繁に頂いていました。

そんな方向けに、今回は「回避依存」に加え、回避依存と大きく関係する「恋愛依存」「愛着障害」に関係する書籍をまとめてご紹介します。

全て今まで僕が読んだ本の中から厳選しています。

「回避依存症の恋人で悩まれいる方」や「もしかして自分は回避依存症では?」この様な気持ちをお持ちの方、是非この記事で紹介する本を読んでみてください。

回避依存症を知りたい方にオススメ

『回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち』

僕が回避依存を知るきっかけになった本です。

医学博士である岡田尊司先生が書いた本で、回避依存の原因や特徴、考え方や行動ついて詳しく書かれた本です。率直に言って、回避依存について書かれている本を選ぶならこれ一択です。

  • 自分・恋人が回避依存かも?
  • 回避依存症の恋人の考え方を知りたい
  • こうした内容を知りたい方に特にオススメです。

    新書で薄めの本なので、読書があまり得意な方でなくても読みやすいと思います。

    回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書) (日本語) 新書 – 2013/12/13
    created by Rinker

    回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)

    「回避依存症」を知るなら「恋愛依存症」も合わせて知ってください

    恋愛依存症 – 苦しい恋から抜け出せない人たち

    回避依存症の恋人に依存してしまう大半の方が「恋愛依存症」です。


    この本では、恋愛依存症を4つのタイプに分類し、各タイプの特徴を分かりやすく噛み砕いて解説しているのが特徴です。

  • 自分は恋愛依存症かも?
  • 恋愛依存を克服して恋人と幸せな関係を築きたい
  • また、この本の最後の章では恋愛依存を克服するための『回復への10のステップ』を紹介しています。

    当ブログでもお伝えしている通り、「回避依存症」の恋人と結ばれたいのであれば、自身の「恋愛依存症」を必ず克服する必要があります。

    上に紹介した回避性愛着障害 絆が稀薄な人たち (光文社新書)とセットで読むのがオススメです。

    恋愛依存症 – 苦しい恋から抜け出せない人たち

    なぜいつも“似たような人”を好きになるのか

    僕が回避依存の相談を受け相談者様の過去を聞いている中で、

  • 「前に付き合っていた人も似た様な人だった」「最初は違うと思っていたのに、結局同じ事で悩まされている」
  • といった話が頻繁に出てきます。この本は恋人との付き合い方を決める「パーソナリティタイプ」に着目した本になります。

    2章 なぜあなたはいつも〝同じような恋愛〟を繰り返すのか性懲りもなく同じ失敗を繰り返すのはなぜ?
    〝パーソナリティの偏り〟が同じ軌道を歩ませていますパーソナリティはそう簡単には変えられません
    恋愛を左右する母親との関係――「愛着スタイル」 パーソナリティによって恋愛パターンは驚くほど違う自分自身を知れば、相手も見えてくるものです

    この後に紹介する愛着障害~子ども時代を引きずる人々~ (光文社新書)と内容が被ってしまうところもありますが、これまであなたが付き合ってきた恋人のパターンや、自分のパーソナリティタイプを知る事が出来ます。

    ここで紹介してる他の本と並べると優先度は下がるので、興味があれば是非読んでみてください。

    なぜいつも“似たような人”を好きになるのか (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2014/8/30
    created by Rinker

    なぜいつも“似たような人”を好きになるのか

    『回避依存』『恋愛依存』の原因である『愛着障害』を知りたい方にオススメ

    愛着障害 子ども時代を引きずる人々

    回避依存や恋愛依存について知りたいだけではなく、回避依存の恋人と長続きする恋愛をしたいのであれば必ず読んでおくべき一冊です。

    『愛着障害』は幼少期の親との関係が不健全である事で発症し、回避依存や恋愛依存にとどまらず、『精神疾患』『自己肯定感』『人間関係』など、様々な事に悪影響を及ぼします。

    この本を読めば、回避依存の恋人が

  • どうすればあなたの事をを信頼してくれるのか
  • あなたと一緒にいて安心してくれるのか
  • が分かります。

    このブログでも噛み砕いて説明はしていますが、この本を読む事で当ブログの内容もより理解しやすくなるかと思います。

    愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書) (日本語) 新書 – 2011/9/16
    created by Rinker

    愛着障害~子ども時代を引きずる人々~ (光文社新書)

    自己肯定感が低い・傷つきやすい・人とうまくやれない それは、”愛着障害”のせいかもしれません。

    上で紹介した愛着障害~子ども時代を引きずる人々~ (光文社新書)が愛着障害を知るための本なら、こちらの本は「愛着障害を癒すための本」になります。

    愛着障害に関する解説や事例が書かれているのはもちろんのこと、筆者の中野日出美さんが愛着障害を抱えていたこともあり、終始優しい文体で綴られています。

    「本を読むのは少し苦手・・・」という方は間違いなくこちらの本がオススメです。

    自己肯定感が低い・傷つきやすい・人とうまくやれない それは、”愛着障害”のせいかもしれません。 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/4/10
    created by Rinker

    自己肯定感が低い・傷つきやすい・人とうまくやれない それは、”愛着障害”のせいかもしれません。

    本のおすすめまとめ

    僕がこれまで読んだ回避依存関連の書籍の中でオススメの本を5つ紹介しました。

    自信を持ってオススメします。是非読んでみてくださいね。

    さらに詳しく知りたい方【】

    「この記事で紹介されている本を読んだことがある。もう少し具体的な恋人との関係の作り方が知りたい。」

    こうした方は回避依存症の恋人との幸せな関係の作り方【完全版】を読んでみて下さい!

    今回の記事が、回避依存症で悩まれている方の参考になれば嬉しいです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。