恋愛依存症の原因は親にあり!【子ども時代のトラウマが関係】

恋愛依存症の原因は親にある


恋愛依存症で苦しい。恋愛依存症や生き辛さの原因が親にある気がする。恋愛依存症と親の関係について知りたい。


この記事ではこんな疑問を解決します。

この記事は過去に恋愛依存症・回避依存症の経験をもつ僕が自身の経験を交えて解説します。 現在は心理カウンセラーとして活動しており、多くの方の恋愛の悩みを解決しています。
 本記事の内容

・恋愛依存症の原因が親にある理由
・重要なのは「子どもの頃」の親との関係性
・親を憎んだり感謝しても恋愛依存症は治らない

先日、こんなツイートをしました。

恋愛依存症の原因は親にある!と聞くと

「育ててくれた親に対して失礼な」

と思う方もいるかもしれませんね。

ですが、子供の頃に「親にどう接してもらえたか」は、その後の人生の人間関係に大きく影響します。

恋愛依存症や生き辛さで悩んでいる方はぜひ最後まで読んでみて下さいね。

【結論】恋愛依存症の原因は親にあります


まず、結論からお話します。

記事のタイトルにも書いている通り

「恋愛依存症の原因は親にある」

こう考えて間違いありません。

では、子どもを恋愛依存症にしてしまう親とは、どのような親なのでしょうか?

いくつか具体例をあげてみます。

・ネグレクト(育児放棄)
・無関心(他の兄弟姉妹への関心)
・精神的、肉体的暴力
・過保護や過干渉
・アルコール依存

いわゆる「毒親」と言われる親の特徴ですね。

こうした親に育てられると、なぜ恋愛依存症になりやすいのでしょうか?

僕が考える理由は下の3つになります。

1.親からの愛情を感じられず、愛情に飢えてしまう
2.自己否定感や自己無価値感を心に抱えてしまう
3.間違った親子関係を恋人や友人で再現してしまう

順に解説していきます。

①:親からの愛情を感じられず、愛情に飢えてしまう


1つ目の理由として「親からの愛情を感じられず、愛情に飢えてしまう」があります。

恋愛依存症の原因としては、一番分かりやすい理由ですよね。

「親から大切にしてもらえる」
「守ってもらえる」
「辛い時は助けてもらえる」

本来であれば、子どもは親から無条件に愛情を注がれる生き物です。

ですが、何らかの理由で親から愛情を受け取れなかった子どもは「愛情不足」を感じるようになります。

しん
しん

「三つ子の魂百まで」ということわざがある通り、小さな頃に愛情が不足した子どもは、大人になっても愛情不足を感じたままです。


本来であれば親に満たしてもらえるはずだった愛情を、恋人に求めてしまうことで「恋愛依存症」となります。

②:自己否定感や自己無価値感が植え付けられる

2つ目の理由は、問題のある親に育てられることで

子どもが「自己否定感」や「自己無価値感」を感じてしまう

ということです。

「自己否定感」や「自己無価値感」を抱えていると

「自分はダメな人間だ」
「自分は誰にも愛されていない」
「どうせなにをやっても上手くいかない」

実際は全くそんなことがなくても、自分のことを必要以上に下に見てしまうようになります。

こうした人の多くは成長するにつれて

「自分で自分を好きになれないなら、人に好いてもらうしかない」

と考えるようになります。

そしてこの考え方が更に悪化すると

恋人がいない=自分には価値がない

といった極端な思考になってしまい、常に恋愛相手を求めるようになります。

③:間違った親子関係を恋人で再現しようとする


恋愛依存症になる3つ目の理由は「間違った親子関係を恋人で再現しようとする」です。

これは、問題ある親の元で育った子どもの中には

「親の望むとおりに行動する」=「愛される」

と学んでしまう子どもがいます。

つまり「条件付きの愛」ですね。

相手に愛されるには「相手の望む自分にならなければならない」という思い込みから

・必要以上に自分を犠牲にする
・無理に相手の役に立とうとする
・自分の意思を押し殺してしまう

このように振るまってしまうようになります。

これはいわゆる「共依存タイプ」になります。

特に過干渉や完璧主義の母親に育てられた女性に多いタイプですね。


また恋人関係だけでなく、友人づきあいでも自分を犠牲にすることが多いので、日常的にストレスを溜め込みやすくなります。

「自分の親は普通だった」と感じる方

「恋愛依存症は親に原因がある」と聞いても

自分の親は普通だし今も仲が良いけどなあ…


と思う方もいるのではないでしょうか。

実は、普通の親に育てられたはずなのに

「自分に自信が持てない」
「生きづらさを感じる」
「いつも人に依存してしまう」

という方は少なくありません。

ここでしっかりお伝えしたいのは

「今の親子関係ではなく、あなたが小さな頃の親子関係に関係がある」

ということです。

また、子供の頃の辛い記憶を無意識に封じ込めてしまっている方も珍しくありません。

・親の機嫌がコロコロ変わっていた
・親の意見には絶対服従だった
・親の代わりに兄弟の面倒をみていた

一見すると普通の家庭に思えても、細部をたどってみると問題があるというケースは少なくないのです。

大切なのは

「なにがあったか」ではなく「あなたが傷ついていたかどうか」

です。

もしあなたが恋愛依存症で苦しんでいるのであれば、覚えていない過去に原因があるかもしれません。

恋人は親の代わりにはならないということ


「恋愛依存症の人は親にもらえなかった愛情を恋人に求める」とお話しました。

ですが、恋人は親の代わりにはなりません。

なぜなら、恋人は恋人であって「親」ではないからです。

しん
しん

あまりにそのままの回答過ぎるので、もう少し掘り下げ解説しますね。


普通の恋愛関係では、お互いが対等な関係を築きますよね?

あくまで「一人の人間」として自立した上で、お互いを助け合い高め合うのが一般的な恋愛スタイルです。

ですが、恋愛依存症の人が求めている関係は対等とは呼べません。

・自分を愛してほしい
・存在を認めて欲しい
・トラウマを忘れさせて欲しい

つまり、対等な関係ではなく恋人に対して「無条件の愛」を求めている状態です。

恋人もあなたのことが好きなので、最初はあなたの希望を叶えようと努力してくれるでしょう。

ですが、いくら恋人が努力してもあなたの心の不安は埋まることはありません。

なぜなら

「傷ついた心」が根本的に癒やされている訳ではないから

です。

恋愛依存症の原因が親にあることを認めるのは、人によってはかなり辛い作業になります。ここまで読んで辛い気持ちになった方は無理せず気持ちを落ち着けてくださいね。


親を憎んでも恋愛依存症は解決されません


恋愛依存症の原因が親にあるからといって、親を責めてもなにも解決しません。

なぜなら多くの親は

・あなたが傷いていた事に気が付いていない
・子どもを傷つけていたことを認めない


こう考えるからです。

あなたがどんなに恋愛依存症や生きづらさを伝えたとしても

「この子は昔のことを引っ張り出してなにを言っているのかしら…」


と親は全く相手にしてくれないでしょう。

こうした親に怒りを感じてしまうのは、あなたの心のどこかに

もしかすると親に愛情を満たしてもらえるかもしれない

という「希望」があるからです。

ですが、その希望にすがってしまうと、いつまで経っても恋愛依存症からは抜け出すことはできません。

親に感謝することの危険性


親を憎むのではなく「親に感謝すること」で恋愛依存症を克服できるといった意見があります。

「ですが、僕はこの方法にはハッキリと反対の立場を取っています。」

大人になっても恋愛依存症や生きづらさで悩むということは、かなりの「毒親」に育てられた可能性が高いです。

毒親に対し、感謝するということは

親の問題の責任をあなたが負うことになる

ということです。

つまり、あなたが親に傷つけられたにも関わらず、その責任を「親」ではなくて「あなた」が負うということです。

しん
しん

親の問題は親の問題です。あなたに責任はなにもありません。


また親の行動の一部を切り取って

「あなたにも愛情があった」

と考える危険性については毒親について書かれた名著「毒になる親」でもきっぱりと否定されています。

親を「許した」と言っている人たちは、無理して親の責任を免除した結果、自分がその責任を追うことになる。そして、自責の念や自己嫌悪に陥り、または抑え込まれた怒りが原因で心身にさまざまな障害を引き起こしているのである。

毒になる親(スーザン・フォワード著)


親に感謝しようとすることで、恋愛依存症だけでなく、毒親の支配からも抜け出せなくなる可能性があります。

また、不安感が高まることで、逆に恋愛依存症が悪化してしまうこともあるでしょう。

もちろん、人によっては自分の気持ちの区切りとして良い方向に進むこともあるかもしれませんが、僕としてはオススメできません。

関連記事>>【疑問】なぜ毒親は子供に謝らないのか?

恋愛依存症は「あなた」が克服するしかない

あなたの恋愛依存症の原因は親にあります。

ですが、親も恋人もあなたの傷ついた心を癒やすことはできません。

・付き合っても不安になってばかり
・破局と復縁を繰り返す
・幸せよりも不幸な時間の方が長い

こうした恋愛から脱却するためには、あなた自信が「恋愛依存症」を克服する強い意思を持つ必要があります。

残酷なお話ですが、あなたの恋愛依存症は親も恋人も解決してくれないのです。

あなた自信が自分と向きあい、恋愛依存症を克服していけるよう努力していきましょう。

>>関連記事:恋愛依存症を克服する方法とは?【本質へのアプローチが大切】

まとめ


最後に今回の記事の内容のまとめです。

この記事のポイント!
  • 恋愛依存症の原因は親にある
  • 大切なのは親の意見ではなく「あなたが傷ついていたかどうか」
  • 親を憎んでも恋愛依存症は解決できない

  • 今回は「恋愛依存症の原因が親にあり!」というテーマで解説しました。

    小さな頃に自分の愛情を満たしてもらえたかそうではないかは、その後の人生に大きな影響を与えます。

    しん
    しん

    僕自身、恋愛依存症だったのでこの辛さは本当によく分かります。


    ですが「恋愛依存症の克服」や「自己肯定感を育てる」のに遅すぎるということはありません。

    今回は以上となります。

    関連記事>>恋愛依存と自己肯定感の低さの関係性について【重要です】

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。