回避依存症の女性に「美人」が多い本当の理由【科学的根拠はなし】

回避依存症の女性は美人

回避依存症の女性は「美人」って聞くけどどうして?本当に美人が多いのか知りたい。


この記事ではこんな疑問を解決します。

この記事は過去に回避依存症の経験をもつ僕が、過去の経験を踏まえ解説します。 回避依存症については、これまで無料・有料を含め100件以上の相談実績があります。
 本記事の内容

・回避依存症の女性に「美人」が多い本当の理由
・「回避依存症の女性」と「魔性の女」との違い
回避依存症の女性と安定した関係を作るには?

先日、こんなツイートをしました。

「回避依存症の女性は美人が多い」

今回はこの嘘か本当か分からない情報について、ツイートの内容を更に深堀りしていきます。

「回避依存症」と「美人」の関係性が知りたい方や、回避の女性を恋人に持つ方、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

回避依存症の女性はなぜ「美人」が多いのか?

結論からお話します。

まず、回避依存症の女性に美人が多いという明確なデータは存在しません。

ですが僕自身、カウンセリングでお話した回避依存症の女性や、過去にお付き合いした回避依存症の女性を思い浮かべた時、美人が多いのは事実です。

これについては僕なりの結論があって、回避依存症の女性に美人が多いのは

「人から否定されることへの恐怖が、結果として自分磨きに繋がっている」

こうした背景があるからではないかと考えています。

もう少し詳しく説明してきますね。

回避依存症の女性が恐れる「他人からの否定」とは


男女限らず、回避依存症の人は「他人から否定されること」を強く恐れます。

一見、サバサバしていたり、自分に自信があるように見える人でもそれは変わりません。

しん
しん

いわゆる「ありのままの自分」を受け入れることができない状態ですね。


また、ありのままの自分を受け入れられないということは「自分の価値を他人にあずけている」ということです。

そのため回避依存症の女性は

・ファッション
・メイク
・体型管理

こうした人から直接的に評価される部分を徹底的にみがくことで、自分の価値を高めようと努力します。

つまり、回避依存症の女性が美人と言われるのは

「元々の顔立ちというよりも、努力の結果として美人に見える人が多い」

というのが僕が考えた結論です。

回避依存症の女性の特徴5つ


回避依存症の女性を語る上で「美人」の他にもう一つ重要なワードがあります。

お気づきの方もいるかもしれませんが、そう「魔性の女」についてです。

回避依存症の女性が「魔性の女」かどうかを解説する前に、回避依存症の女性の特徴を知らないといけません。

ここでは5つ取り上げますね。

・社交的だけど自分の話は絶対にしない
・束縛や干渉を嫌う
・急に恋人との距離をあける
・他の男性とも仲良くする
・恋人の存在を軽く扱う

順に解説していきます。

1.社交的だけど自分の話は絶対にしない

回避依存症の女性は男性よりも社交的な人が多いです。

ですが、いくら社交的だからといって

「自分の悩みを打ち明ける」
「プライベートを細かく話す」

といったことは絶対にしません。

なぜなら「本当の自分を見せると人から嫌われてしまうかもしれないと」考えているからですね。

自分について語ることはしませんが、相手の会話にはきちんと耳を傾け、相手が望む言葉を与えることができます。

そのため、周囲からの評判は極めて高いのが特徴です。

良く言えば「控えめで周囲の人のことを考えられる人」、悪くいえば「八方美人の秘密主義」になります。

2.束縛や干渉を嫌う


回避依存症の女性はなんせ「束縛」や「干渉」を嫌います。

「自由でいたい」「人に縛られたくない」という思いが強すぎるあまり

「今日はなにしてた?」
「どこで遊んだの?」
「今度の土日は俺と遊ぼうよ」

といった些細なことでも、一度でも自分が恋人に「コントロール」されているように感じてしまうと、言葉にできない苦しさに襲われます。

恋人からすると全く悪気はないのですが、無意識に彼女のトラウマを刺激してしまっている状態です。

3.急に恋人との距離をあける

回避依存症の女性は「これ以上、彼に近づかれたくない」と感じると、恋人との距離を一気に開けます。

具体的には、急に音信不通になったり、態度が冷たくなったりですね。

あまりにも突然態度が変わってしまうので、付き合っている側からすると「なぜ??」と取り乱してしまうことも少なくありません。

彼女が急に恋人との距離をあけるのは

「これ以上関係が深くなったあとに、裏切られるのが怖い」

という心理があります。

しん
しん

前で紹介したように、束縛や干渉をしすぎて距離を開けられることもあります。

4.他の男性とも連絡を取る


回避依存症の女性は、恋人がいても気にせず他の男性と連絡を取ります。

これは人に対する基本的な信頼感が薄いためですね。

いつ恋人に見捨てられてもいいように

「友達以上恋人未満」

の人を多数キープします。

もちろん恋人からすれば、彼女がこうした行動を取ることにいい顔はできません。

ですが、これを強く責めれば「束縛」や「干渉」と捉えられ、距離を開けられます。

「自分が傷つかないこと」がなによりの優先事項なので、恋人から責められれば責められるほど、別の男性に心が移っていきます。

5.恋人の存在を軽く扱う

回避依存症の女性は、恋人のことを軽く扱います。

具体的には

「デートのドタキャン」
「急な冷たい態度」
「約束を守らない」

こうしたものですね。

回避依存症の女性がこのように振る舞うのは、一種の試し行為で

「この人は自分から離れていかないだろうか?」
「本当に信用して大丈夫だろうか?」

ということを無意識にテストしてしている状態です。

そして実際にこうした試し行為が原因で恋人が離れていくと

「やっぱりこの人は自分を裏切った」
「自分には合わない人だった」

と自分の行動や考え方を正当化してしまいます。

「恋人に捨てられるかもしれない」といった強い不安感から逃れるために、あらかじめ恋人を遠ざけようとしている状態です。

以上、回避依存症の女性の特徴を簡単に解説しました。

さらに詳しく回避依存症の女性について知りたい方は、下の記事を参考にしてください。

回避依存症の女性の特徴とは。男性とは違うポイントを解説します!

回避依存症の女性は本当に「魔性の女」なのか?


回避依存症の女性の特徴をお話したところで、話を「魔性の女」に戻します。

あなたは「魔性の女」と聞いてどんな人を思い浮かべるでしょうか?

・ミステリアス
・人に縛られず自由奔放
・距離の詰め方と離し方が絶妙

一般的にはこうした特徴を思い浮かべるのではないかと思います。

なにを考えているか分からず、恋人にも束縛されず、気ままな猫のようにくっついたり離れたりする女性ですね。


確かにこれだけ見ると、回避依存症の女性の特徴と似ているかもしれません。

ですが、僕は「回避依存症の女性」と「魔性の女」は全くの別物だと考えています。

「魔性の女」と呼ばれる人が上で紹介したような行動を取れるのは、自分に対する

「確固たる自信の裏付け」

があるからです。

つまり「自分の行動の結果、恋愛が終わったとしても気にしない」ということですね。

一方で回避依存症の女性ですが

・自分の話をしない
・束縛や干渉を嫌う
・恋人と距離をあける

これらは全て、自分に対する自信がないからこその行動です。

そして、回避依存症の女性の場合、

「美人」という要素があることで「魔性の女」と勘違いされている

というのが、僕が考える「回避依存症の女性は魔性の女論」の結論になります。

まとめると

魔性の女⇒自信に裏付けされた行動、自分の行動の結果に責任を持つ

回避依存症の女性⇒自分が傷つかないための行動、相手に責任を押し付ける

この違いです。

回避依存症の女性と安定した恋愛をする難しさ【経験談】


ここからは回避依存症の恋人がいる男性向けに、美人の回避依存症の女性と付き合うムズカしさを、経験を元に解説します。

しん
しん

はっきり言って、付き合うのはかなり大変です。


特徴でもお話しましたが、回避依存症の女性と付き合うと下のような状況になります。

・美人でモテるため常に他の異性がチラつく
・とつぜん連絡を無視されるようになる
・甘えてくる時とそうでない時の差に混乱する

急に音信不通になったり、甘えてくる時とそうでない時の差が激しいのは、回避依存症の男性と一緒です。

ですが、回避依存症としての特徴は、男性よりも女性の方がより顕著に現れると考えて下さい。

>>関連記事:回避依存症とは?回避依存症の特徴や原因、考え方【経験者が解説!】

回避依存症の女性と付き合う上で覚えておくべきこと


回避依存症の女性と付き合う上で、一番の問題は

彼女に振り回された結果、恋愛依存症に陥ってしまう

ということです。

特に、これまで普通の恋愛しか経験してこなかった人ほどこの罠にハマります。

あなたがこれまで経験した恋愛では、相手と話し合ったり、時には感情をぶつけ合うことが当たり前ではありませんでしたか?


ですが、回避依存症の女性相手に感情をぶつけたり、責めたりするのは絶対にNGです。

彼女を責めたり、話し合おうとすればするほど彼女はあなたから離れていきます。

たとえ美人だとしても固執しすぎないこと


回避依存症の女性に悩む男性の方は実は少なくありません。

「彼女を忘れることができません・・・」
「どうにかまた連絡を取れるようになりませんか?」


つい先日も、こうしたご相談を頂きました。

具体的な方法の解説の前に、回避依存症の女性と付き合う、もしくは復縁するにあたって大切なことをお伝えします。

それは下の3点です。

・回避依存症の女性に恋愛テクニックは通用しないこと
・回避依存症の女性の性格や行動はすぐには変えられないこと
・一度や二度の失敗でくじけないこと

この3点をしっかり理解していないと、間違いなく今よりも深い傷を心に負うことになります。

そして、更に正直なことをお話すると

諦めて別の女性を好きになったほうが、幸せになれる可能性は高い

これもまた疑いようのない事実です。

ですが、それでも「回避依存症の彼女と、どうしてももう一度やり直したい」という方は下の記事をどうぞ。

しん
しん

音信不通になった回避依存症の彼女と一年かけて復縁し、その後二年間以上、安定した関係を保った方法を解説しています。

まとめ


最後に今回の記事の内容のまとめです。

この記事のポイント!
  • 回避依存症の女性が美人は間違いではない
  • 「人から否定されたくない」という気持ちが美意識に向く


今回は「回避依存症の女性に美人が多い理由」というテーマで解説しました。

「否定されたくない」という強い思いが結果として自分磨きに繋がる、というのが僕の出した結論です!

また、もしあなたが回避依存症の女性と付き合っているのであれば、彼女があなたから離れていかないように、正しい付き合い方を学ぶ必要があります。

今回は以上となります。

>>関連記事:回避依存症の女性の特徴とは。男性とは違うポイントを解説します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。