現在サイトアップデートに伴い、一部の記事に表示崩れが発生しております。(修正中)

回避依存症の恋人との結婚はオススメしません【不幸になる可能性大】

回避依存症-結婚しても平気?

「回避依存症の恋人との結婚を考えている」
「実際に結婚したらどうなるのか不安・・・」
「実際に結婚した人の意見を聞いてみたい」

この記事ではこんな疑問を解決します。

この記事の著者

しん | 心理カウンセラー

プロフィール

心理カウンセラー。過去のカウンセリング実績500件以上。毒親育ち。自身の恋愛依存症・回避依存症の経験を活かし、「読者の悩みの根本的な解決」を目指し発信しています。

この記事の内容
  • 回避依存症の人との結婚がオススメできない理由
  • 結婚したいなら、相手ではなく自分を変える
  • 既に結婚している場合の対処法
  • こんにちは、心理カウンセラーのしん(@psynote__)です。

    先日、こんなツイートをしました。

    回避依存症の恋人の音信不通や無視、その他もろもろの回避行動、やられている側は本当に疲れてしまいますよね。

    そんな恋人の回避行動に悩まされつつも、できることなら「この人と結婚したい」と考える方も少なくないと思います。

    そこで今回は、これまでのカウンセリングや私自身の経験を元に「回避依存症の人との結婚」について詳しく解説していきます。

    回避依存症の恋人との結婚を少しでも意識しているのであれば、必見の内容になります。

    【結論】回避依存症の恋人との結婚は止めておいた方が無難

    いきなり身も蓋もない結論ですが、回避依存症の恋人との結婚は止めておくのが無難です。

    理由についてはこれから順に詳しく解説していきますが、オススメできない理由を一言でまとめるならば

    責任を負うことを可能な限り回避する

    という回避依存症の特徴が「結婚」と絶望的なまでに相性が悪いということが理由です。

    回避依存症の人は「責任」ある行動を取れない

    「責任を取る」とはつまり、自分の行動(問題)に対していつでも対応できる状態を作る、ということです。

  • 間違った行動を取った時は素直に非を認める
  • お互いの信頼関係が壊れないように努力する
  • こうした普通の人にとって当たり前の行動が、回避依存症の人には取れません。

    「結婚した後の幸せな家庭」を少し掘り下げて考えてみたとき、幸せな家庭には

  • 子供
  • 仕事(収入)
  • 両親との関係
  • など、二人の関係だけでなくさまざまな要素が絡みます。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    あくまでこれらは一例です。幸せな家庭の定義は人によって全く異なるので。

    とはいえ、上で挙げた要素にはどれも、大きな「責任」が伴うのも事実です。

    回避依存症の人が責任から逃げ出す理由

    回避依存症の人が責任から逃げてしまうのは、以下の3つの特徴が大きく関係しています。

  • 人からの批判、非難を過剰に恐れる
  • 失敗した時のことを考え挑戦しない
  • 高い自己イメージと現実のギャップに苦しむ
  • こうした特徴から、結婚生活はさまざまな面で安定しません。

    「失敗のない結婚生活」は存在せず、どの夫婦も失敗を繰り返しつつ、そのたびに二人で問題と向き合える関係だからこそ、幸せな関係を築くことができます。

    しかし回避依存症の人の場合、最初から問題と向き合うことを放棄します。

    そのため、結婚生活は安定せず配偶者が「なんらかのストレスに耐える毎日の連続」になります。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    責任から逃げ続ける相手に対し文句を言えば「じゃあ離婚すればいいだろ!」と逆ギレするのが、たちの悪い所です。

    回避依存症の人は自分に問題があることを認めない

    回避依存症の人はどこまでいっても「自分第一」です。

    明らかに自分に非があることでも、それを認めたがりません。

    間違っているのは常に相手で、関係が上手くいっていないのは自分ではなく相手に問題があると考えています。

    そしてこうした考え方は、繰り返せば繰り返すほど無意識に自己のアイデンティティとして染み付いてきます。

    20代、30代であれば回避依存症を克服したり、こちらの付き合い方次第で性格を良い方向に修正できることもあります。

    しかし、40代〜50代になると修正が困難なため、結婚したとしても幸せになれる確率はとても低い・・・というのが事実です。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    実際に回避依存症のカウンセリング相談で多いのは、40〜50代の未婚の回避依存症男性に関する相談です。

    共依存の傾向がある人は注意!相手だけでなく自分にも目を向ける

    他の記事でも取り上げていますが、共依存傾向の強い人は回避依存症の恋人に選ばれやすい傾向にあります。

  • 自分に自信がない
  • 自己犠牲の精神が強い
  • 相手に求められていないと不安になる
  • 回避依存症の人が回避行動を取るのは、相手が自分に依存していると確信しているからでもあります。

    もしあなたが回避依存症の相手と結婚し、安定した関係を築きたいのであれば、相手だけではなく自分の行動も見直し改善していく必要があります。

    これは回避依存症、恋愛依存症どちらが悪いということではなく

    お互いの性格が、お互いを苦しめている

    という意識を持ち、不安定な関係から脱却することが大切だということです。

    回避依存症の人との正しい付き合い方については下記の記事を参考にして下さい。

    ⇒回避依存症の恋人との付き合い方のコツ【距離感を意識する】

    結婚を考えるのであれば、相手には期待せず自分が変わる意識を持つ

    お互いの問題ではあるのですが、実際のところ、回避依存症の相手に対し

    「あなたは回避依存症だ」

    「性格や行動を改善する必要ある」

    といったことを言えば、ほぼ間違いなく逆ギレされるか音信不通になるでしょう。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    こちらには全くそのつもりがなくても、相手からすると「責められている・非難されている」と捉えてしまうからですね。

    さきほど、回避依存症の人が回避行動を取ってしまうのは、相手が共依存状態だからとお話しました。

    相手の回避依存症をすぐに治すことは叶いません。

    しかし、相手への依存心を捨て「安心感を与えられる人(安全基地)」となることで、安定した関係を築くことは決して不可能ではありません。

    ただし、それには途方も無い忍耐力が必要になります。

    まずはあなたが抱えている、恋愛依存(共依存)を克服するところからはじめましょう。

    恋愛依存症を克服する方法とは?【本質へのアプローチが大切】

    まとめ:やはり結婚はおすすめできません

    最後に今回の記事の内容のまとめです。

    この記事の重要ポイント!
  • 回避依存症の人との結婚は幸せになれる可能性が低い
  • 「責任」を負うことを避ける回避依存症の特徴は結婚と合わない
  • 結婚するのであれば「安全基地」になる覚悟を持つ
  • 今回は「回避依存症の恋人との結婚」について解説しました。

    繰り返しになってしまいますが、やはり私はは回避依存症の人との結婚はオススメできません。

    これは私自身が回避依存症だったからこそ分かることなのですが、回避依存症の人は自分のことしか頭になく、自分の行動が相手を困らせ傷つけているという認識が殆どありません。

    仮に傷つけてしまっても時間を置いて謝れば許してもらえる、ずーーっとそういう関係でやってきたのでそれが当たり前になっています。

    恋人関係であればそれでもなんとか関係を続けられますが、結婚生活はあなただけではなく「子供」「家族」「仕事」など、周りの環境をも巻き込みます。

    なにか問題が起こった時、責任を追うのは回避依存症の恋人ではなく「あなた」である可能性が高いのです。

    今回は以上となります。

    回避依存症の治し方【恋人に回避行動を止めてもらうには?】

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。