現在サイトアップデートに伴い、一部の記事に表示崩れが発生しております。(修正中)

回避依存症同士の恋愛が長続きしない理由【経験談】

回避依存症-同じ性格だと?

困った女性
困った女性

お互いに回避依存症だとどういう恋愛になるの?そもそも恋愛関係に発展することはあるの?

この記事ではこのような悩みを解決します。

この記事の著者

しん | 心理カウンセラー

プロフィール

心理カウンセラー。過去のカウンセリング実績500件以上。毒親育ち。自身の恋愛依存症・回避依存症の経験を活かし、「読者の悩みの根本的な解決」を目指し発信しています。

この記事の内容
  • 回避依存症同士の恋愛が長続きしない理由
  • 主導権争いの結果、どちらかが相手を追うようになる
  • 追えば追うほど、相手はあなたへの興味をなくす
  • こんにちは、心理カウンセラーのしん(@psynote__)です。

    回避依存症の二人がくっつくと、その恋愛は基本的に短命に終わります。

    この記事では、「回避依存同士の恋愛が長続きしないし辛い理由」について、カウンセリングでの相談内容と私自身の経験をもとに解説します。

    回避依存同士の恋愛は長続きしにくい

    回避依存同士の恋愛が長続きしない理由について結論からお話すると

    回避依存同士という関係性が変わってしまうから

    という理由に尽きます。

    これは、恋愛初期段階において、女性側が自身の回避依存を上手くごまかしている事が原因です。

    ではなぜ女性の回避依存は、恋愛初期に自身の回避依存を隠して付き合うのでしょうか。

    順に解説していきます。

    恋愛依存と回避依存は常に共存している

    まず大前提です。

    恋愛依存と回避依存は表裏一体の関係です。コインの裏表みたいなものだと考えて下さい。

    たまに

    「この人は回避依存だから恋愛依存にはならない」

    と仰る方や、そうしたネット記事を見かけることがありますがこれは多きな誤りで、恋愛依存も回避依存も本人が置かれている状況によって流動的に変化するものです。

    そして、先程もお伝えしたとおり回避依存の女性は、恋愛初期では回避依存を隠し、恋愛依存のように振る舞います。

    男女で違う回避依存の恋人の選び方

    男性と女性の回避依存で違うのは、好きになるタイプが真逆だということです。

    女性:回避依存の男性を選ぶ
    男性:恋愛依存の女性を選ぶ

    あくまで傾向なのでこの限りではありませんが、多くの人がこの傾向で恋人を選んでいます。

    つまり、回避依存の女性が回避依存の男性の意中の相手になるには、回避依存の特徴を隠して付き合うしかありません。

    ではなぜ、回避依存の女性は回避依存の男性に惹かれてしまうのでしょうか。

    回避依存症の女性の周囲からの評価

    回避依存の女性は普段のふるまいから

    ・淡々としている
    ・あまり人に興味がない
    ・頑張り屋

    などと周囲から思われている事が多いのですが、家庭環境や養育環境が原因で、実はとても寂しがり屋であるケースをよく見かけます。

    また、寂しがり屋やである事や、周囲の期待に応えるため頑張りすぎてしまう性格から、回避依存の女性は自然と下のような特徴を持つ男性を探すようになります。

    ・頼りがいがある
    ・自分のことを認めてくれる
    ・自分より能力が高い

    いずれの特徴も回避依存の男性(ナルシストタイプ)が持っている特徴です。

    回避依存の男性は自分の欠点を他人に見せないように振る舞うので、ぱっと見ると理想の相手のように思えてしまうのです。

    付き合い始め、蜜月の時間を過ごす

    回避依存同士の恋愛の特徴として

    女性の回避依存が表面化しない間は、とてつもなく仲が良い

    ということが挙げられます。

    お互いがお互いを理想の人だと考えているので「この人が運命の相手だ」と確信しています。

    しかし、残念な事にこの時間はあまり長くは続きません。なぜなら、回避依存を隠していた女性側の回避行動が徐々に強まっていくためです。

    回避依存同士の主導権争いが始まる

    回避依存は自分がコントロールできていない状況に不安や恐れを感じるので、意識的にしろ無意識にしろ恋人をコントロールしようとします。


    つまり、男性女性どちらともが恋愛の主導権を握ろうとする状態になります。

    この状況の最たる例としては、「連絡しても返信が遅い(もしくは来ない)」でしょうか。

    こうすることで、相手に見捨てられる事への不安感を与える事ができます。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    先程もお伝えしたとおり、回避依存と恋愛依存はコインの裏表の様な関係です。
    お互いが相手をコントロールしようと回避行動を取りますが、見捨てられ不安がより強いどちらかが『回避依存⇒恋愛依存』へと変化します。

    そして大抵の場合、回避依存⇒恋愛依存となるのは男性です。

    女性の回避依存は男性の回避依存よりも強いことが多いのです。

    男性が恋愛依存になってしまった場合

    ここでは引き続き男性側が恋愛依存となったケースについて解説します。

    恋愛依存となった男性は相手を失ってしまうことへの恐れから

    問題に対してお互いに向き合って話し合うことを望みます

    この男性側の「問題に向き合うことを望む」という行為の根底にあるのは、

    「不安になりたくない」
    「見捨てられたくない」

    という感情です。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    つまり「自分を不安にさせる行動は二度としない」と恋人に誓ってもらい、安心したいのです。

    ただし、これは大抵の場合うまくいきません。

    見捨てられ不安が極限まで高まった男性側は正気を失い、自身の不安な気持ちや感情をただひたすら相手ににぶつけるだけの状態になります。

    強い感情にさらされるのが苦手なのは、回避依存の男性・女性共通の特徴ですが、男性側がこれらの行動をとってしまう事で女性はより男性から離れたいという気持ちが強まります。

    また、回避依存の女性は

    話し合いをすること自体が無意味」

    だと考えていることが多いので、一旦は問題が解決しても、すぐにまた同じことの繰り返しになります。

    回避依存症同士の恋愛関係としては、この時点ですでに破綻しているのです。

    別れは突然に、恋愛依存になってしまった男性に用はない

    先程もお伝えしたとおり、回避依存女性が好きになる男性は、頼りがいのあって少しのことでは動じない心を持った男性です。

    つまり、回避依存の女性にとって

    「自分に追いすがってしまうような男性は好みじゃないし必要ない」

    ということです。

    女性側も、相手と別れ話をした所で話の収集がつかないことが分かっていますし、再度強い感情にさらされる事も嫌なので、相手をバッサリ見限ることで関係を終わらせようとします。

    別れ話をせず、LINEのブロックや着信拒否で関係を断つのは、男性の回避依存ではあまり見られない特徴です。

    女性の回避依存の特徴についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

    >>関連記事:回避依存症の女性の特徴とは。男性とは違うポイントを解説します!

    回避依存同士の恋愛を長続きさせるためには

    ここについては男性、女性の差はありませんが、回避依存の人間は恋人の事を嫌って距離を取ろうとしている訳ではありません。

    回避行動はあくまで自己防衛の行動なので、時間が開いて自分の気持ちが落ち着けば、またいつもの通り仲良くできます。

    もしあなたの付き合っている恋人が回避依存なのであれば

  • 距離を開けられたとしてもうろたえない
  • 相手の行動に振り回されない
  • 距離を縮めようとし過ぎない
  • これらを意識していくことで長く付き合えるかと思います。

    まとめ:回避依存同士の恋愛は本当に狭き門

    回避依存症同士の恋愛が上手くいくことはめったにありません。

    この記事で解説したケースでは、回避依存症の男性が、相手の女性のことをずっと付き合い始めのイメージ(恋愛依存)で捉えてしまっている事が問題でした。

    「昔の彼女は自分の事をもっと愛してくれていた」という過去のイメージですね。

    別れたあと、気持ちを切り替えるのは決して簡単ではありませんが、相手からはなれる勇気を持つことも時には必要です。

    今回は「回避依存同士の恋愛が長続きしない理由」について解説しました。

    この記事が参考になれば嬉しいです。

    >>回避依存症の克服に必要な3つの手順【経験者が解説】

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。