【お知らせ】カウンセリングノートはこちらから

【否定型の毒親】子どもを否定する心理と原因。対処方法を解説します。

否定形の毒親 親の不安の現れ

なぜ毒親は子どもを否定してばかりなのでしょうか?否定せずにいられない心理は?否定形の親の対処方法について知りたいです。

この記事ではこんな疑問を解決します。

本記事の内容
  • 子どもを否定するのは、親自身に否定されることへの恐怖があるから
  • 否定され続けた子どもはなにかしらの「生きづらさ」を抱える
  • 否定型の親と同じ土俵で戦わないこと、諦めの気持ちを持つことが大切
  • しん@心理カウンセラー
    しん@心理カウンセラー

    この記事はこれまで私がカウンセラーとして得た知見、加えて自身の毒親育ちの経験を元に深く解説していきます。

    こんにちは、心理カウンセラーのしん(@psynote__)です。

    先日、こんなツイートをしました。

    今回は「否定型の毒親」というテーマで、このツイートを深堀りしていきます。

    否定ばかりする親に悩んでいる方、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

    【否定型】毒親が子どもを否定する理由

    まず、毒親が子どもを否定せずにいられない理由から解説しますね。

    毒親が子どもを否定せずにいられないのは

    「親自身が子どもに否定されることを恐れているから」

    です。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    「いやいや…自分の親は厳しくてそんな人じゃないよ…」と思った方もいるかもしれません。


    ですが、これは事実です。

    子どもを否定する親の内面には

  • 能力が低い人間だと思われること
  • 人から尊敬されていないと感じること
  • 人からの非難や攻撃に弱いこと
  • 自分の力が及ばない状況になること
  • 感情のコントロールを失うのが怖いこと
  • こうした「不安」や「恐怖」が隠れているのです。

    親に否定されてきたあなたは、一度はこのように考えたことがあるのではないでしょうか?

    「自分の努力が足りてないから怒られるんだ」
    「親にとって自分は自慢の子どもじゃないんだ」

    「自分は周りと比べてダメな子どもなんだ」

    親に否定され続けることで「親に否定される自分が悪いのだ」と思い込んでしまうようになります。

    ですが、事実はそうではありません。あなたは親の精神安定のはけ口にされてきただけ。

    親があなたをいくら否定しようと、あなたに責任はありません。

    親は自身の問題をあなたに押し付けることで、自分の不安や恐怖から目をそむけてきたのです。

    もしあなたが親に対しなんらかの「罪悪感」を感じてしまうのであれば、毒親のコントロールにハマってしまっています。

    関連記事:毒親はなぜ子どもに「罪悪感」を植え付けるのか?コントロールしたがる心理と対策を解説。

    そもそもなぜ「否定型の毒親」になるのか?

    そもそもなぜ。「子どもを否定ばかりする毒親」が生まれるのでしょうか?

    最も大きい理由として考えられるのは、毒親も毒親に育てられているということ。

    つまり、毒親の連鎖です。

    親自身が毒親に育てられているため

    「愛情」
    「安心感」
    「自己肯定感」

    が不足しています。

    こうした

    「自分が子供の頃に満たしてもらえなかった感情」

    を子どもを利用して取り戻そうとすることで、無意識に毒親としての行動を取るようになります。

    子どもはそんな親の役に立とうと必死に努力しますが、子どもは子ども、親の代わりになれるわけがありません。

    親は子どもが自分を満たしてくれないことに「怒り」を感じるようになり、ますます子どもを追い詰めていきます。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    毒親の連鎖の怖い点は、本人に毒親の自覚がないことですね。

    関連記事:毒親の連鎖について(現在執筆中です)

    否定型の毒親の特徴

    ここからは、否定型の毒親の特徴を解説します。

    ここでは否定型の親が持つ特徴を以下の3つに分けてみました。

  • 子どもの感情や意思を否定する
  • 子どもの自立や成長を認められない
  • 子どもの存在そのものを否定する
  • これらの特徴を見て、あなたにも思い当たるフシがあるのではないでしょうか?

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    上から順に解説していきますが、先程お話した通り「親自身に問題がある」ことを念頭に読んでみて下さいね。

    1.子どもの感情や意思を否定する

    否定型の親の特徴の1つ目は「子どもの感情や意思の否定」です。

    このタイプの親は

    自分の価値観=子どもにとっても正しい価値観

    と考えています。

    言い換えれば「子どもが自分とは違う人間」ということが分かっていません。

    自分の価値観を子どもに押し付けた上で、それが子どものためになっていると本気で思い込んでいるのです。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    「あなたのためを思って言っているのに!」という毒親はたいていこのタイプです。

    ですが、毒親のいう「あなたのため」は「自分のため」です。

    親自身が不安になりたくないからこそ、子どもに同じ価値観を強要するのです。

    「人から尊敬されていないと感じること」
    「自分の力が及ばない状況になること」

    さきほどお話した、こうした不安や恐怖が根底にあります。

    そして、子どもの感情や意見を否定する親は、自分の人生と子どもの人生の境界線がとてもあいまいです。

    そのため、子どもの「悲しい」「寂しい」といったネガティブ感情だけでなく、「楽しい」「嬉しい」といったポジティブな感情ですら認められなくなります。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    あなたの親も、あなたが楽しそうにはしゃいでいると不機嫌になることはありませんでしたか?

    子供らしい考えや行動が許さない環境のため、子どもは自分を押し殺し、親にとってのいい子どもを演じるようになります。

    不安感が強い親ほど言動が過激になり、暴言だけなく時には暴力でいうことをきかせることもあります。

    2.子どもの自立や成長を認められない毒親

    子どもの自立や成長が許せない」のも否定型の親の特徴です。

    こうした親は強い「見捨てられ不安」を抱えています。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    どんなにあなたの前で親が強がっていても、あなたが自分の元から離れていくことが怖くてなりません。

    成長とともに子どもが親から離れようとするのは、人として正常な発達です。

    ですが、このタイプの親は子どもが自分の元から離れていくことが許せず、自分の精神安定のために子どもの自立心を摘み取ろうとします。

    「親のいうことを聞きなさい」
    「あんたは本当になにをやってもダメね」
    「お母さんが手伝ってあげるから」

    あなたもこうした言葉を親に投げかけられたことがあるのではないでしょうか?

    自立心が芽生えるまで、親にとって子どもは

    「いつでも自分を頼ってくれるか弱い存在」

    でした。

    自分に自信がない親にとって、子どもは自分を認めてくれる唯一の存在だったのです。

    さきほどの例に当てはめると

    「能力が低い人間だと思われること」
    「人から尊敬されていないと感じること」
    「自分の力が及ばない状況になること」

    これらが当てはまりますね。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    毒親の母が娘の化粧や服装、見た目、恋愛相手をけなすのは、「自分に依存したままでいて欲しい」「自分より下の存在でいて欲しい」という気持ちの現われです。

    また、こうした親の言いなりになってしまうことで、いつのまにか親と共依存の状態になってしまうこともあります。

    関連記事:毒親との共依存がもたらす人生への悪影響!【チェックシートで確認】

    3.子どもの存在そのものを否定する毒親

    否定型の親の特徴3つ目は「子どもの存在そのものを否定する親」です。

    子どもの存在そのものを否定する親の特徴として

  • 子どもへの衣食住が不十分
  • 親自身がアルコール依存症
  • 日常的に喧嘩が耐えない家庭
  • これらが挙げられます。

    つまり「親であることの義務」すら果たせていない状態の親ということですね。

    あなたは親にこのように言われたことはありませんか?

    「お前が生まれてきてから家計が大変」
    「お前は本当は生まれるはずじゃなかった」
    「お前のためにみんなが苦労している」

    子どもの存在そのもの否定する親は、子どもが子どもらしく生きることが許せません。

    そして、子どもは親の言葉をそのまま受け取ってしまうため、「自分には価値がない」と考えるようになります。

    ですが、それでも子どもにとって親は親であることに変わりはありません。

    子どもは親に認めてもらおうと必死に努力しますが、その努力を認めてもらえることは永遠にありません。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    親が自身の「責任」から逃げているのに、子どもがひとり家族を救おうともがいている状態です。

    毒親に否定され続けた子どもはどうなる?【大人になってからの弊害】

    毒親に否定され続けた子どもは、大人になって以下のような問題を抱えやすくなります。

    起こりうる悪影響
  • 特定の人やモノに強く依存する
  • 他人に認められるために必要以上に努力する
  • 人と親密になるのが怖い
  • 嫌われないように周りの人の意見を優先する
  • 感情の波が激しく、自分を抑えられない
  • 0か100かといった黒白思考を持つ
  • 完璧主義
  • 漠然とした生きづらさを感じる
  • 罪悪感を感じやすい、自罰的な思考になる
  • なにをしても楽しめない、抑うつ状態になる
  • 親に否定され続けた子どもがどういう大人になるかは、親の行動だけでなく、周囲の環境によっても変わってきます。

    とはいえ、親に否定されて育った子どもが、なにかしらの「生きづらさ」を抱えるのは間違いありません。

    しかし、自分で「生きづらさ」を自覚しているのであれば、いくらでも回復できるチャンスがあります。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    一番避けたいのは、自分の生きづらさの正体が分からないまま結婚して子どもができ、毒親を連鎖してしまうことです。

    関連記事:毒親をやめたい方必見。毒親の原因になる過去のトラウマを理解する【3つのポイント】

    否定型の親の対処方法【大人と未成年の2パターンを解説】

    ここまで、否定型の親になる原因や、否定型の親の特徴について解説しました。

    ここからは「否定型の親の対処方法」について解説します。

    ここで重要なのは、大人と未成年では親に対するアプローチが違うということです。

    大人と未成年。2パターンに分けて解説していきますね。

    あなたが大人の場合

    あなたが大人の場合、家を出られる状況であればまずは家を出て、親と物理的な距離を取ることが重要です。

    親と物理的に距離を取ることで、自分と親の関係を客観的に考えられる時間を作ることができます。

    ですが、ここで間違えてはいけないのは、毒親と距離を取ったことで以下のように考えてしまうことです。

    「親も変わってくれるかもしれない」
    「いつかは和解できるかもしれない」
    「親も大変だったのかもしれない」

    これらの考えは全て親への「期待」や「希望」。つまり、親の変化を望んでいるということですね。

    ですが、毒親を克服するにあたって重要なのは、親ではなく自分が変わる意識を持つことです。

    関連記事:「毒親と離れたい!」絶対に抑えたい3つのポイント【重要なのは離れた後の行動】

    あなたが未成年の場合

    あなたが未成年の場合、大人になるまで耐えるしか方法はありません。

    しん | 心理カウンセラー
    しん | 心理カウンセラー

    こんなことを伝えるのは本当に心苦しいのですが…。

    ですが、この記事を読んだあなたは

    親の否定=親の「不安」「恐怖」を隠すための行動

    ということを理解したはずです。もう、自分を責める必要はありません。

    親と議論してもあなたが傷つくだけなので

    残念だけどこういう人なんだ

    と諦めの感情を持って接することが大切です。

    親に耐えられず家出をしたいと考えている方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

    毒親に育てられた私が家出をした時のことを記事にしています。

    関連記事:毒親からの家出を考えているあなたへ【準備が大切】

    【注意】毒親に「怒り」をぶつけても解決にならない

    否定ばかりする親に対して、溜まりに溜まった「怒り」をぶつけたくなる方もいるかもしれませんね。

    ですが、残念ながらその行為には全く意味がありません。

    あなたがどれだけ親に怒りをぶつけたとしても、親は自分が子どもを苦しめていたという自覚がありません。

    そして親に対して怒りをぶつけたくなってしまうのは、あなたがどこかで

    「今なら親も自分の気持ちを理解してくれるかもしれない」
    「親も自分の言葉で変わってくれるかもしれない」

    と考えているからです。

    ですが現実はそうはならず、期待して裏切られを繰り返すだけです。

    自分の心に「怒り」があることをを認めるのは大切です。

    毒親を克服するにあたって重要なのはその「怒り」をどう処理するかです。

    関連記事:毒親からの家出を考えているあなたへ【準備が大切】

    記事のまとめ

    この記事の重要ポイント!
  • 子どもを否定するのは、親自身に否定されることへの恐怖があるから
  • 否定され続けた子どもはなにかしらの「生きづらさ」を抱える
  • 否定型の親と同じ土俵で戦わないこと、諦めの気持ちを持つことが大切
  • 小さな頃に、親がありのままの自分を受け入れてくれたかどうかは、その後の人生を大きく左右します。

    親に否定され続けたことで、あなたは今も苦しい毎日を送っているかもしれませんね。

    今後も親を変えることはできません。

    ですが、あなたの傷ついた心を癒やし、あなた自身を変えていくことは可能です。

    少しづつ自分を良い方向に変えていきましょう。

    ここまで読んで頂きありがとうございます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。